FC2ブログ

気象予報士である風神が天気図を見て天気予報を行うように、チャートを見てその日の為替相場がどうなるか予想するブログです。

訴訟にまで発展

150301_M2Jコンサル


M2J社はトラリピというIFO注文を繰り返し発注できる機能について、特許を取得しています。
そのため、スプレッドが他社よりも広く、手数料無料の業者が多い中で、
M2J社では手数料も徴収しています。

せま割という特定の値幅以下で利益確定の注文を出さない場合には、
手数料が3銭、スプレッドが4銭なので、新規注文から決済まで10銭、
1万通貨単位では1000円もM2J社がとっていることになります。

それでもなおトラリピの利用価値はあると考える人が多いため、
M2J社を利用している人は多いと思います。
私が為替取引のアドバイスを行っているコンサル生も、
会社員で頻繁な取引ができない中、
月に数分の設定だけで、1月から2月にかけて画像のように24万円を超える利益をあげました。

いずれ、本格的にコンサル生を募集することになりますが、
先行して案内が欲しいかたは、このブログの右側バナーにありますフォームより問合せいただけますと
優先して案内を差し上げます。

このトラリピを巡っては、昨年の10月より外為オンラインがサイクル注文という発注形式のサービスを
始めました。
注文の仕方がやや異なってはいますが、サイクル注文も同じIFOの繰り返し注文であるため、
先週M2Jはこのサービス停止を求めて東京地裁に提訴しました。

手数料のみを考えると外為オンライン社のほうが有利ですが、
この訴訟の行方次第ではサービスの停止もあり得るので、
IFOの繰り返し注文を仕掛けるのであれば、現状ではM2J社がお勧めです。

もっとも、MT4でプログラムができる方であれば、MT4の利用が最も手数料が低く利用できますが。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ktenki.blog6.fc2.com/tb.php/379-110381b6