FC2ブログ

気象予報士である風神が天気図を見て天気予報を行うように、チャートを見てその日の為替相場がどうなるか予想するブログです。

今週の相場見通し等(6/10からの週)

おはようございます。風神です。


先週は、月初で経済指標の発表が多くありましたが、
週初に要人発言でアメリカの利下げが示唆された後、
水曜日に発表されたアメリカのADP雇用統計が悪かったことで、
ドル円は下落しました。

また、金曜日に発表されたアメリカ雇用統計も、
失業率こそ事前予想と同じであったものの、
非農業部門雇用者数が事前予想の+18.5万人に対し、
+7.5万人とかなり弱く、前回値も下方修正、
平均時給も予想より悪かったことを受けて、
ドル円は108円割れの動きとなりました。

水曜日のADP雇用統計でも、悪い結果に対する
比較的大きめの反応が見られていましたが、
金曜日の雇用統計でも久しぶりに大きく動くこととなりました。

木曜日のECB理事会では、成長見通しを引き上げ、
金利据え置きの時期が延長されることが示唆されたこともあり、
ややユーロが買われる展開となりました。

アメリカの経済指標の悪化で売られたドルですが、
先週末のG20で為替条項に関する言及がなかったこと、
メキシコに対する関税が無期限延期されたことで、
買い戻しの動きも出てきています。

まだ、米中通商協議に関する問題は継続している中、
米国の長期金利も低下し、年内3回の利下げを折り込む
ような水準となっていますが、
さすがにちょっと行き過ぎた反応ではないかと思いますので、
貿易摩擦が悪化しない限り、
ここからさらにドル円が大きく下がる可能性は低いのでは
ないかと考えています。

かと言って、まだ中長期でドルを買うような相場状況でも
ありませんので、今週も引き続き短期トレードを中心に
行っていく予定です。


【今週の注目指標等】
今週は、大きな経済指標発表はありませんが、
来週にはFOMCがあります。
また、月末にはG20を控えており、
それに向けた要人発言にも警戒しておきたいです。


6/12(水) 20:00 トルコTCMB政策金利、声明発表
     21:30 アメリカ消費者物価指数

6/13(木) 16:30 スイスSNB政策金利、声明発表
    23:00 ISM非製造業景況指数

6/14(金) 21:30 アメリカ小売売上高

※ リアルタイムのトレード情報は、
※ LINE@限定で公開することがあります。

※ 登録がまだの方は、こちらからか、
※ ID検索で@fjfx で検索してご登録ください。

※直接、質問をしていただくこともできます。

スマホの方は、以下からも追加できます。

友だち追加

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ktenki.blog6.fc2.com/tb.php/492-972db950