FC2ブログ

気象予報士である風神が天気図を見て天気予報を行うように、チャートを見てその日の為替相場がどうなるか予想するブログです。

今週の相場見通し等(10/7からの週)

こんばんは。風神です。

先週は、月初の指標発表が多くありました。
火曜日に発表されたISM製造業景況感指数が、
予想より悪い47.8となり、景気判断の一つの基準となる50も
下回ったことから、ドルが売られました。

また、木曜日に発表されたISM非製造業景況感指数は52.6と
なんとか50を上回ったものの、事前予想の55.0よりは悪い数値となり、
ドル売りの流れとなりました。

その後、金曜日に発表されたアメリカ雇用統計では、
失業率が3.5%と1969年12月以来50年ぶりの低水準となったことで、
平均時給や非農業部門雇用者数は事前予想を下回りましたが、
ドルが買い戻される動きとなりました。
(非農業部門雇用者数は前月、前々月分が上方修正)

3.5%という失業率は、完全雇用といっても良い水準であり、
週初から半ばの経済指標で景気鈍化が懸念されていた中に
良い材料がでたことで、ドル安の動きはひとまず止まりました。
ただ、景気判断の基準となる経済指標の数値は好悪が混在しており、
ここから積極的に買い進めていくような展開にはならないと考えています。


今週も米中通商協議及びブレグジットの動向を見据えた
相場となりそうですので、ニュースにも注意をはらっておきたいです。


【今週の注目指標等】
今週は米中閣僚級協議があります。
部分合意という話も一部でありますが、
協議前に米中の対立を示唆するような報道も出てきています。

相場動向は、米中通商協議の進展次第ではありますが、
トランプ大統領のtwitter発言一つで相場が動く可能性も
あるため、要人発言にも注視しておきたいです。


10/9(水) 24:00 パウエルFRB議長発言
27:00 FOMC議事録公表

10/10(木) 20:30 ECB理事会議事要旨公表

10/10(木)、10/11(金) 米中閣僚級協議


【セミナー開催のお知らせ】
12月7日(土)に大阪でFX界の重鎮、大御所の方たちといっしょに
セミナーを行うことになりました。

まだ、詳細は未定ですが、風神のメルマガ、LINE@の読者の方も
参加できる枠を設けてもらう予定になっています。
(総参加者65名程度の予定)

詳細が決まりましたら、案内をさせていただきますので、
参加いただける方は予定を空けておいていただけると嬉しいです。
セミナー後には懇親会も予定しています。

※ リアルタイムのトレード情報は、
※ LINE@限定で公開することがあります。

※ 登録がまだの方は、こちらからか、
※ ID検索で@fjfx で検索してご登録ください。

※直接、質問をしていただくこともできます。

スマホの方は、以下からも追加できます。

友だち追加


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ktenki.blog6.fc2.com/tb.php/507-5d662ff6